​ABOUT

モンテ_35.JPG

​開催主旨

「おどるんや~紀州よさこい祭り~」は、活力ある和歌山のまちづくり、人づくりを目的とする非営利団体(NPO)事業です。

事業の運営は、県民の自発的な参加により組織されたNPO紀州お祭りプロジェクトが、県下の企業、行政などをはじめとする公的機関、地域の人々の協力の連携で2003年に結成され運営しています。

祭りのコンセプトは「参加・交流・感動」。あらゆる垣根を越えて誰もが自由に参加でき、人々が交流し、感動体験を共有することを通じて、地域の人々が自信と誇りを持ち、街が活気で溢れる祭りを目指しています。

私たちが取り組むこの事業が、和歌山の文化振興のみならず、青少年の健全育成につながり世代を超えて繋がることで元気の源や心の拠り所となり、県内外からたくさんの人・もの・情報が集まる経済効果を創り出すものと確信しています。

私たちは、「おどるんや~紀州よさこい祭り~」の開催と併せ「ありがとうメッセージはがき」の事業や、小学生のチーム「おどるんやキッズ連」の事業も行いながら、まちづくりの起爆剤としてさらに継続的に活動を進めてゆくことを、ここに強く決意します。

おどるんやは、市民がつくるお祭りです

おどるんや~紀州よさこい祭り~を運営しているのは「NPO紀州お祭りプロジェクト」という民間の団体です。

約40名の会員で実行委員会を構成し、半年以上時間をかけて準備を進めています。イオンモール和歌山・マリーナシティ・JR和歌山駅前・ぶらくり・モンティグレ・和歌山城内・けやき大通りの各会場を含めると総数約500名のスタッフ・ボランティアがこのお祭りの企画、運営に携わっています。

そして「私たちが暮らすこのまちは、自分の手で良くしていこう!」「元気であたたかいまちを作ろう!」等の世代や立場を超えて集結するみんなのこの熱い思いが、お祭りの原動力です。

​民間資金100% たくさんの皆さまによって支えられています

4日間のお祭りの開催と事務局運営費をあわせて、約3,000万円の費用を要します。

開催資金を集める活動は、年明けから始まります。約350の企業・団体さまから約1,300万円の広告協賛、多くのサポーターの皆さまからの応援金、また出店者や踊り子の皆さまからは参加費という形でお祭りのご協力頂いております。

「和歌山を元気にしたい」思うたくさんの志の上で、このお祭りは開催できています。

この応援に感謝すると共に、お祭りの開催や年間の活動に大切に使わせて頂いております。

よさこい祭りの始まり よさこいを彩るあれこれ